<< 3度の夏を乗り越えると | main | 高校生の行動範囲 >>
久しぶりに映画でも。。。
10月に入り、少しずつ秋らしくなり過ごしやすい日が続いています^^

そんな10月の3連休。
久々にレッスンがお休みだった娘ちゃんと久しぶりに映画を観に行ってきました。
6月くらいに『SNOW WHITE』を一緒に観てますがwww

今回は、『モンスターホテル』3D版をチョイス。
ストーリーは・・・

吸血鬼ドラキュラの一人娘の誕生日前夜、ドラキュラのホテルに人間の青年が迷い込んできたことから巻き起こる大騒動を描くアニメーション・ムービー。
明日はドラキュラの娘メイビスの118歳の誕生日。バースデーパーティのため、フランケンシュタイン夫妻、狼男夫妻と59匹の小狼たち一家、ミイラ男、透明人間など、世界中のモンスターが、ここモンスター・ホテルにやってきた。明日のパーティに向けて思いっきりはじける気満々のモンスターたち。
そして、それはメイビスも同じ。今まで超箱入り娘でホテルの外へは出たことがないメイビスだったが、118歳の誕生日を機に、ドラキュラパパが「外の世界を見せる」と約束してくれたからだ。未だ子離れしないドラキュラが、メイビスが外に出てもすぐに人間の世界を怖がるよう一計を案じていたとは夢にも思わずに…
そんな時、世界旅行中の若者ジョナサンが、モンスター・ホテルに迷い着く。ドラキュラは大慌て。これが知れたらモンスターたちを恐怖のどん底に突き落とすことになってしまう…。
そこでドラキュラはジョナサンを、フランケンの親戚のジョニーシュタインだとみんなに紹介し、なんとか気づかれる前に、ジョナサンを人間界へ戻そうとするが、なんとメイビスとジョナサンが一目で恋に落ちてしまい…

な感じです。

親が子を思う気持ちや、子供が親に対する反発だったり、これから遭遇するであろう状況がこういう感じかな?って思う映画でした。

手放す順番というか、時期がちゃんとあって、それまでは囲いを少しずつ広げていく、そんな子育てをしてきましたが、これからも囲いはちゃんと囲いとして残し、その中で自分自身で考えれる力を付けていける、そんな導きをしていきたいと思います。




 ちなみに、娘ちゃんとの映画のチケットを事前に購入したんですが、なんとなく映画が観たくなり、2本立てで観てしまった私www

『ハンガーゲーム』がレイトショーだったので、都合が良かった『踊る大走査線』をついでに観た状態。

踊るは、初めて映画館で見たんだけど、意外と面白かったかな?
意味不明な話の展開の中で、ちゃんと事件は事件で進んでいる感じwww



ハンガーゲームは、話の内容的には、スティーブンキングの『死のロングウォーク』に近い感じ。

森の中での命がけの殺戮ゲーム=ハンガー・ゲームで、若者たちが最後の1人になるまで戦い、殺し合う

と、

最後の1人になるまで歩き続ける
ただ、規定速度よりも遅れると運営管理者に殺される

と。


一体何が違うのかって思うところもあるんだけど、殺しあうのと殺されるのとどっちがいいんだろうと、ふと考えた一瞬がありました。

ただ、どちらの話も、富裕層と貧困層の格差を如実に表していて、将来日本でも有り得ない話ではないかもしれないな〜と。。。
その時に、自分はどの立場になるのか、今からでもちゃんとしていきたいと思いました。
| スタッフ日記 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://hitorioya.net/trackback/264
CATEGORIES
facebookページ
RECENT COMMENTS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
お問い合わせ
このページの先頭へ